スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビートルズ歌詞全集


She's Leaving Home



Wednesday morning at five o'clock as the day begins
Silently closing her bedroom door
Leaving the note that she hoped would say more
She goes downstairs to the kitchen
Clutching her handkerchief
Quietly turning the backdoor key
Stepping outside she is free

She (We gave her most of our lives)
Is leaving (Sacrificed most of our lives)
Home (We gave her everything money could buy)
She's leaving home after living alone (Bye, bye)
For so many years

Father snores as his wife gets into her dressing gown
Picks up the letter that's lying there
Standing alone at the top of the stairs
She breaks down and cries to her husband
Daddy our baby's gone
Why would she treat us so thoughtlessly
How could she do this to me

She (We never thought of ourselves)
Is leaving (Never a thought for ourselves)
Home (We struggled hard all our lives to get by)
She's leaving home after living alone (Bye, bye)
For so many years

Friday morning at nine o'clock shi is far away
Waiting to keep the appointment she made
Meeting a man from the motor trade

She (What did we do that was wrong)
Is having (We didn't know it was wrong)
Fun (Fun is the one thing that money can't buy)
Something inside that was always denied (Bye, bye)
She's leaving home (Bye, bye)





水曜の朝5時 夜が明けると共に
寝室のドアを静に閉め
言葉にならない思いを託した置き手紙を残し
彼女はハンカチを握りしめ
階段を降りて台所へ
そして 裏口の鍵をそっと開け
表に足を踏み出す・・・・彼女はもう自由の身

彼女は (人生のほとんどを捧げてきたのに)
家を (自分を犠牲にしてまで可愛がったのに)
出ていく (お金で買えるものは何でも与えたのに)
彼女は家を出ていく (バイバイ)
ずっと長い間 孤独を味わった家を

父親がいびきをかいてる傍らで その妻はガウンに袖を通し
そこにあった手紙を取りあげると
階段の上にひとり立ちつくし
そして泣き崩れて夫にすがりつく
”あなた あの子が行ってしまったわ”
”あんまりよ 私の気も知らないで
どうしてこんなにひどいことを”

彼女は (私たちは自分のことなど考えなかった)
家を (自分たちよりあの子のためばかり考えて)
出ていく (必死に働いていただけなのに)
彼女は家を出ていく (バイバイ)
ずっと長い間 孤独を味わった家を

金曜の朝9時 彼女はもうはるか彼方
約束どおり待ち合わせの場所へ行く
自動車販売会社に勤める男に会おうとしている

彼女が (私たちが間違ったことをしたのかしら?)
求めるのは (自分たちの過ちに気づかなかったのよ)
楽しみ (楽しみだけはお金じゃ買えない)
決して許されなかった望み (バイバイ)
彼女は家を出て行く (バイバイ)



ビートルズ歌詞全集















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。